BUNNYBLACK ダンジョンデータ 魔界門

ラキアとの会話では、鍛錬用のマップかのように話が挙がっていましたが、
しょっぱなから、仕掛けが入り組んでおり、
完全に突破するためのエクストラダンジョンです。

レベルは、仲間たちが40以上、
ダークスは、指定転移や帰還を習得済みくらいが最低条件です。
階層一覧
ダンジョン記事一覧へ戻る

※このダンジョンは、依頼で来ているわけではないので、
階段で次の階層へ進めます。

そのため、一気に帰還したい場合は、
指定転移ではなく、帰還のスキルを使わないといけません。

また、探索の続きをするときも、指定転移を繰り返して
階層を進んでいかないと面倒です。
途中にスキル回復の泉などがありますので、
それを活用しながら、指定転移をフルに駆使していくことになります。

B1F
bb_mkm01.png

しょっぱなからやってくれているマップです。
罠避けがあるなら使っておくと良いでしょう。

一度階段までの道筋ができれば指定転移で飛べば良いので、
次の階へ向かう分には、指定転移を使っていきましょう。


B2F
bb_mkm02.png

次の階(下り階段)へ行くには
北東の扉のところから進入しないといけません。
道筋を良く確認しましょう。

B3F
bb_mkm03.png

全 中回復以上をある程度取得してから来た方が良いかもしれません。

簡単そうに見えて、中盤で意地悪になっているマップ。
特に厄介なのが、自分たちが来た階段(上り階段)のすぐ南。
この区画は、移動床で最初の階段に戻されます。

移動床ですから向きを変えられませんし、メニューも開けません。
その上、敵も当然、階段近くに集まっていることが多いです。
(というか、敵も移動床の影響を受けますから、ここで足止めを喰らって密集しています。)
そのため、連続戦闘になることが多いです。

タチの悪いことに、ここから暗黒球タイプの敵が出現します。
この敵は自爆しますので、倒しても こちらが全員ダメージを受けます。

向きを変えられないまま連続戦闘でぶつかったら、
ダークスが隊列再生とかを選んでいる間に、
仲間がドンドンそいつらを倒して、こちらがダメージをもらってしまいます。

移動床を流されているときですからメニューも開けませんので、
ここで一気にパーティーが壊滅する危険性があるというわけです。

パーティーのHPが危なかったら、ダークスは
隊列とかよりも全体回復を使いましょう。

B4F
bb_mkm04.png

ここでようやく、スキル回復の泉が登場。
一度たどり着いてしまえば、
指定転移で飛べばいくらでも利用できますので、
ダークスのスキル回数の心配もなくなります。


B5F
bb_mkm05.png

ここにもスキル回数を回復できる泉があります。
奥の階を探索していくときは、
ここの泉を往復しながら探索していくと良いでしょう。

B6F
bb_mkm06.png

そろそろ強力な全体回復が必要になってくる時期でしょう。
厳しいようなら、全体回復の回数をアップさせてきましょう。

B7F
bb_mkm07.png

全ての敵が黄色シンボル、他のダンジョンでの大型単体ボスです。
特に古代竜が厄介です。
麻痺とかが通ってくれれば楽ですが、
そうじゃない場合、全滅の危険性が普通にあります。


最深部のボスは、ストーリー進行状況によって相手が違います。

・ストーリーが進んでいない時=冒険者オールスター戦
・動乱中=魔王(特殊バージョン)
・ストーリー終盤=魔王

オールスター戦に関しては、通常難易度だと
普通になぎ倒せると思います。
状態異常よりも、火力技で押し切ったほうがいいでしょう。
古代竜のほうがよっぽど危険です。


動乱中=魔王(特殊バージョン)は、部下もしっかり配置されていますので注意。

魔王は、一番後ろなので、
前を倒さないと引きずり出せません。

ですが、状態異常は通じるので、
麻痺とかが一発で効いてくれれば、戦局は決まります。

全体状態異常を狙いながら、
封じることができたら、ダークスに乱舞斬、払い、振り回しなどを使わせて、
一気に畳み掛けましょう。

但し、魔王は頑丈なので、
倒しきれなさそうなら、暗闇などの弱体系を狙っていくと良いでしょう。
状態異常は効きやすい印象があります。


ストーリー最終盤の通常魔王でも、
そんな大差ないです。

布陣も同じで、魔王が強くなっているだけです。
とは言え、竜の巣のドラゴンたちのほうがよっぽど強く、
拍子抜けだと思います。

一応、暗闇とかも通りますので、
状態異常を絡めながら、袋叩きにするだけでOK。

同人ゲーム