BUNNYBLACK 主人公育成

主人公育成に関してですが、仕様を理解していないと
どう成長させて良いか分からないと思いますので
仕様などの解説も全てこのページでしています。
●武器の性質に関して

まず把握しないといけないのは、
このゲームは中列攻撃という物はないという点。
近接か遠距離かです。
槍とかも近距離じゃないとダメです。
遠距離攻撃は射撃攻撃じゃないといけませんので、
ナイフか弓を使うことになります


[剣]
斬撃攻撃のみシンプルな近接武器
片手武器なので、盾を装備可能。
余計なことを考えず、これを使い続けるだけで困ることはそんなにない。


[刀]
斬撃攻撃のみ。
片手武器なので盾を装備可能。
剣と比べると、威力が低い代わりに速度が上昇する。
ただ、中級程度の武器では、敏捷の上昇量もそこまで高くは無いですから、
火力の差から考えても、通常の一周目 終盤までは剣のほうが無難です。
やりこむと剣と並ぶくらいの威力のものも出てきますが、
そのときに切り替えれば良いだけの話です。


[大剣]
両手持ちですので、盾不可
防御も少し上がりますが、さすがに盾には全然適いません。
これも斬撃攻撃のみ。
実は、剣より威力が低かったりすることが多く、あまり強くありません。
別にこのゲームは、武器系列に熟練度が分かれているとかはありませんので、
そのとき、そのときで、使いやすいものを使っていけば良いです。


[ナイフ]
斬撃・射撃が使用可能。
もちろん、その代償として攻撃力の数値は低いです。
射撃もできるので、後ろからでも攻撃できますし、
後列の敵を狙うこともできます。
隊列が崩されたときもその場から攻撃可能です。

ただ、斬撃と射撃は取得スキルの系列が別ですので、
伸ばしていく場合は、どっちにもスキル振りをしないといけません。
それと、ダークスの射撃攻撃は回数が設定されていますので、
モンスターの基本射撃みたいに無限ではありません。
長丁場の探索の場合、射撃のみだと息切れする点にも注意。

どちらかというと、斬撃も射撃も取って、
後列をピンポイントで倒したいときや隊列を崩されたときに射撃を活用して、
基本は斬撃でも戦っていくというスタイルの武器になるでしょうか。
スキル取得もそれを想定して、斬撃と射撃 両方取っていく
というスタイルになるでしょう。


[手裏剣]
斬撃・射撃を使用できます。
要はナイフの上位互換。
但し、入手は宝箱のみなので、手に入るかどうかは運次第。


[斧]
斬撃のみ使用可能(このゲームでは、斧に打撃は含まれていません)
しかも両手持ちなので、盾不可です。
威力は、剣や大剣のさらに上です。
但し、速度が落ちます。
同じ両手持ちの大剣と比べて、火力がある代わりに速度が落ちるという事ですね。
強い斧になればなるほど、速度も落ちますので注意。


[槍]
斬撃・打撃が使用可能。
何気に片手武器扱いですので、盾を装備できます。
最初にも説明したように、近接専用です。
同じ片手持ちの剣と比べると、威力が少し劣る代わりに
斬撃・打撃両方を扱えるという事ですね。


[杖]
打撃のみ、その代わり魔法攻撃力も上がります。
片手ですので、盾装備可能
魔法スタイルの場合は考えても良いのでしょうが、
ダークスの魔法攻撃は使用回数が少なめなのがネック。
ただ、ダークスは武器に頼らなくても結構火力がありますので、
打撃で殴りながら、要所で魔法という戦法もできます。


[ハンマー]
完全に打撃のみの武器です。
両手持ちなので、盾は装備不可です。
そして、斧と同じく、速度が落ちます。
要は、斧の打撃版ということですね。


[弓]
射撃のみ。
両手持ちなので、盾不可
射撃専用の両手武器ということですね。
特徴的なのは、各属性の武器が揃っているという点。
属性のダンジョンに挑む場合は、それに合わせて挑むということも可能です。
ただ、ナイフのところでも話しましたが、ダークスの射撃は無制限ではないので注意。
予備に他の系列の武器も持っておいたほうが良いかも。


●武器攻撃系のスキルに関して

☆マークが付いている技は、スキルLV上昇で攻撃回数が増えていく技で
MAXまでいけば通常攻撃の3倍以上くらいの威力になります。
他の技は、通常攻撃よりちょっと強いくらいなので、☆マークの技は雲泥の差と言えるほど強力です。


[斬撃]
スキル名効果習得条件
剣撃基本攻撃、レベルが上がっていくと性能も上昇なし
☆乱舞斬前列・横3体へ攻撃剣撃LV5
☆秘剣・鶯敵単体へ大ダメージ乱舞斬LV5
急所斬り敵単体に小ダメージ、稀に即死剣撃LV15
脅し斬り敵単体にダメージ+萎縮剣撃LV15
挑発斬り敵単体にダメージ+萎縮剣撃LV15

剣撃と乱舞斬を鍛えておくと殲滅が楽になります。
乱舞斬は、スキルレベルアップで威力も跳ね上がっていくので強力な技です。

秘剣・鶯はMAXまで取れば、剣では威力があるほうですが
実は槍とかを使って、打撃も使える場合、
打撃系列の払いや振り回しより弱い
です。
というか、槍で威力を比較すると、斬撃より打撃のほうが威力があります。

萎縮は攻撃力半減効果がありますので、
斬撃を使っていく場合、脅し斬りはボス戦などでは必須と言っても良いでしょう。
ただ、それほど使いまくるわけではないので、どこまで取得するかは好みで。
(槍とかなら、打撃がメインでしょうから、こちらを伸ばすより、
状態異常の萎縮のスキルを取ったほうがスキルポイントは無駄にならないでしょう)

対して、興奮は、火力が倍で、防御が半減なので、
動ける敵にかけると大惨事へつながってしまいます。
麻痺などで動きを封じた場合は、当ててもいいでしょうが、
状態異常が解けるまでに倒せないと、これまた偉いことになるので注意。


[打撃]
スキル名効果習得条件
打撃基本攻撃、レベルが上がっていくと性能も上昇なし
突き敵単体へ大ダメージ
・・・とあるが、ヒット数が増えないので
スキルレベルを上げても全然威力が上がらない
打撃LV10
☆払い前列・横3体へ攻撃打撃LV10
☆振り回し前列・横3体へ攻撃突き・払いLV5
弾き飛ばし敵単体を攻撃、その敵を1マス後ろへ飛ばす
※後ろに敵がいる場合、その敵に半分くらいダメージを与える
突き・払いLV10
叩き潰し敵単体に小ダメージ、稀に即死振り回し・弾き飛ばしLV5

払いも振り回しも、斬撃の乱舞斬と同じ性能です。
説明文では振り回しのほうが払いよりも強そうに感じますが、
レベル差があれば払いのほうが強いです。
スキル取得のために払いを10、振り回しを5だと、払いのほうが100くらい強かったりします。
ただ、両方20まで取れば、振り回しのほうがちゃんと100くらい上になります。

払いと振り回し、2種類 前列攻撃があるわけですから、
そういった殲滅に関しては、斬撃よりやりやすい系列と言えます。
最後に覚える叩き潰しは、それほど取りたいスキルではありませんし、
目指さないのなら弾き飛ばしも取らずに、払いと振り回しに特化したほうが
スキルポイントが無駄にならなくて済みます。

弾き飛ばしは、後ろにいる場合は
手前に与えたダメージの半分くらい、後ろの敵に入りますが、
元の威力は通常攻撃に毛が生えた程度なので、そこまで強くはありません。

とにかく、払いと振り回しがスキルレベル上昇で威力が跳ね上がりますから、
これが主力となるでしょう。


[射撃]
スキル名効果習得条件
射撃基本攻撃、レベルが上がっていくと性能も上昇なし
☆連射敵単体に複数回攻撃射撃LV10
乱射手前の横3体へ攻撃連射LV10
霰射敵全体にダメージ乱射LV10
狙い撃ち敵単体に小ダメージ、稀に即死霰射LV10
毒射ち敵単体にダメージ+毒射撃LV10・毒LV5

※霰は[あられ]という意味です。

連射はダメージ表示が複数回あるとかではなく、
単純に単体に大ダメージ技だと思っておけば良いです。

乱射は各列の一番前の敵を攻撃します。
例えば、左の列は前列に1体いて、真ん中の列は後列に1体いて、右の列は中列に1体いるとかでも、
それぞれにダメージを与えられます。
斬撃や打撃の技は、前列の3マス限定だったのに、
この技は、各列の先頭3体にダメージを与えられるということです。

打撃武器が前列をなぎ払う系統が多かったのに対して、
射撃は後列や全体に攻撃できたりします。
そして、打撃と射撃を同時に使える武器は存在しない、
ここも考えて選ぶ必要があります。

高火力技は、連射のみで
ほかは、通常攻撃より少し強い程度、
霰射は全体魔法より少し弱いくらい、しかもLV MAXでも回数が5回しかないので
それほど撃てません。


●状態異常系のスキルに関して

レベル5まで上げると、全体版である[○○の霧]を覚えることが可能になります。
[○○の霧]をLV5で[○○界]という敵味方全体版を習得可能になりますが、
敵味方に同時にかけるので、あまり意味がないスキルです。



効いたところで、敵の行動ごとにちょこちょことダメージなだけで、
難易度が通常の場合は、「スキルポイント返せ」となるだけですので、
取らないほうが良いでしょう。
高難易度の場合は、敵のHPも跳ね上がるので余裕があるなら狙ってみても良いかもしれませんが、
結局は使う機会が無さそうな気が・・・
ダークスが狙うよりも、仲間が大型のボスに早めに当ててくれたら
ラッキーと思う程度です。


石化
成功率は低い、石化の霧で9体にかけて、1・2体効けば良いかな程度
5体くらいに効いたときは爽快ですが、滅多にそんなことは起きません。
取得スキルポイントを考えても、あまりオススメはできません。


麻痺
成功率はそこそこ。
石化よりは通用しやすいので、多い雑魚のとりあえずの足止めなどには、
こちらのほうが向いています。


混乱
同士討ちとかはしません。
混乱状態になると、防御を取ることが多くなりますので、
後衛の敵に決めれば動きを封じたりもできますが、
混乱状態でも正しく行動してくることもありますので、
わざわざ狙うほどでもないとも言えます。


暗闇
成功率は結構良いほうです。
このゲームは、魔法にも命中率がありますので、
範囲魔法なども外れやすくなるのはありがたいです。


恐怖
まれに行動不能でそのターンを終える。
一番効きやすい状態異常。
但し、かかったところでほとんど効果が発揮されず、敵は動きまくってくるので、
取るだけ無駄な感じです。


萎縮
攻撃力ダウン。
但し、斬撃のほうで脅し斬りという技があるので、
それを使えば単体の面では、剣技で十分と言えます。
やり込みでのオールスターなボスとかでは範囲魔法として欲しいところですが、
それ以外では、単体は脅し斬り、複数では暗闇のほうが早かったりしますので、
取得するかどうかの判断はよく考えましょう。


興奮
火力が倍化、防御が半減に近い感じです。
当然、敵が動けるときにやってしまうと大惨事につながります。
動きを封じることができれば、防御低下の効果だけで考えることができますが、
状態異常の効果時間が切れたら、これまた大惨事になりかねないので注意。
これも単体技は、斬撃のほうにありますから、単体狙いでは必要ないです。
一応、封じているときに最高ランクの敵味方全体バージョンを使って、
「ラッシュかけるぞ」という状態にするというテクニックもありますが、
大型で全体攻撃を連発してくるボスとかだと、状態異常が解けた瞬間に地獄が待っています。
それと、陣形が崩されているときに、敵から仕掛けられると危険なので注意しましょう。



[まとめ]
ぶっちゃけていうと、通常においては暗闇と麻痺の霧だけでいいです。
特に暗闇が便利。
とにかく、ストーリーの中盤のボスとかがきついなら、
暗闇と麻痺を狙ってみてください。


萎縮も便利ですけど、エクストラダンジョンのボスとかに使う程度。
斬撃にも萎縮が付く技があるので、どうするかはそちらとの兼ね合いもあります。

槍の場合、剣撃のレベル自体、乱舞斬に必要な5までしか取らないこともありますから、
そういった場合に萎縮を狙いたいなら、萎縮をダイレクトに取得するのもいいでしょう。


●攻撃魔法に関して

単体指定の魔法をLV5まで覚えると、
縦一列と横一列版が同時に解放されます。
縦一列と横一列の両方をLV5まで取ると全体版が解放。

どの属性を取るかということに関しては、
属性を気にしたくないというのなら、無心 系列で良いです。
属性を考える場合は、どのダンジョンを狩場にするかなどで違ってきます。


このゲームは、相反属性になっているのは光と闇のみで、
火・水・土・風に関しては、相反関係ではなく
火→水→土→風→ 火→・・・
という感じで、四角形の関係になっているので注意。
(水の敵に火をぶつけるのは効果的ですが、
火の敵に水をぶつけても効果が薄いです。
火の敵には風をぶつけないといけません)

・火属性のモンスター
ダークマジシャン、火の精霊など
(モエルモンは、覚える魔法は火ですけど、自身の属性は土です)
これらのモンスターは風に弱く、水に強いと覚えておきましょう。

・水属性のモンスター
フライングガーグ、フロッグメン、ドーラなど
水棲系や粘液(スライム)系、それに氷の精霊とかもですね。
これらのモンスターは火に弱く、土に強いと覚えておきましょう。

・土属性のモンスター
ツルル、リフリ、モエルモン、ウォール、ノーホなど
植物、虫、岩などのモンスターがこの属性です。
これらのモンスターは水に弱く、風に強いと覚えておきましょう。

・風属性のモンスター
チャミ、トットリー、ラッドなど
素早いモンスターがこの属性です。
これらのモンスターは土に弱く、火に強いと覚えておきましょう。


このゲームは、
炎系の敵が多めに出るダンジョン、
水系の敵が多めにが出るダンジョン
風や土などが多めに出現するダンジョンなどがあります。

それに合わせて取得する属性をチョイスしていれば、
一応、一撃で倒していくことは可能です。

ですが問題点がありまして、それが使用回数です。
LV20でも、縦一列、横一列は8回ずつ、全体は、4回しか使えません。
弱点属性は1系列だけですから、枯渇するとそれまでです。

では、属性関係無しの威力はどうなのかというと、
大体150~200で、雑魚を倒せる倒せないか微妙です。
(モンスターの陣形での補助や魔法攻撃UPも取得して、装備も魔法系で固めても)

そもそも、そんなに魔法を取るのだったら、
槍かナイフで2系列の物理を取ったほうが早いです。

後列だけを何とかしたいときとかそんなにないですから、
暗闇の霧や麻痺の霧だけでなんとかなりますから、
やっぱり個人的には魔法はオススメしません。


●結局、どういう育て方をすればいいのか?

まず、奇襲警戒は1取っておきましょう。
罠解除も1取っておくと経済的に楽です。
鑑定はスキルポイントの割りに、それほど得な感じはしないので、
最初は取得しないほうが良いでしょう。
(鑑定はどちらかというと、終盤になって適当に拾った石や飲み物をその場で鑑定して、
いらないなら捨てて、アイテム欄に空き枠を作るためのものという感じで、
経済的に楽をするためのものという感じではないです)
ちなみに、罠解除と鑑定は、寝れば回数が回復しますので1しか取得しなくて良いです。

※攻略のコツにも書いたように、
罠解除での罠は、データをロードしなおそうと変わることはありません。
ですので、罠解除をする前にセーブしておけば、
失敗してもロードしなおして引っかかった罠を選べば解除できます。

但し、毎回やっていると、相当めんどくさいです。
慣れてくると、ラキアの店で金払って対処したほうが早いです。
序盤の罠解除の費用を浮かせるためくらいと考えておいたほうが良いです。

それと、罠解除を利用して、宝箱からの装備ばかりで、
ラキアの店で買い物をしないと、ラキアの店のラインナップが上昇しません。
ラキアの店で、ある程度購入をしていれば、
ラキアの店の品揃えがランクアップするイベントが起きます。
(購入じゃないとダメです。売るのではなく、買わないといけません)
それさえ起きれば、以降は買い物をする必要はありません。
(最初のランクアップのイベントまでは、何か購入したりしないといけないという事です)


では、そういった最小限のものを取った後に関しては
まず、最初に目指しておきたいのが、
指揮力のスキルを上げていって、格を確保すること。
ただ、全部一気に取得していったら他のものが取得できませんので、
それと平行して取得しておきたいのが状態異常。

強めの集団を封じるために、暗闇と麻痺の霧を1は覚えておきましょう。
特にボス戦で有効ですので、LV15になったら、
暗闇か麻痺、どちらかを霧LV1まで取得できるように、
それまでスキルポイントを少し温存しておきましょう。


状態異常に関しては、そんなに大量に取る必要は無く
霧を1取ってみて、そこから必要分だけで増やしていく感じで良いでしょう。
(斬撃や打撃が強くなってくるとほとんど使う必要が無くなってきます)


状態異常を確保したら、
指揮力LVMAXで、心得系のスキルが出現しますのでそれの取得を目指します。

さらに全体回復と、物理攻撃系のスキルを確保すると良いでしょう。

小回復を10まで上げると、全小回復が出てきますので、これを覚えておきたいところ。
ボス戦などは、全体攻撃などが飛んできますので、
このゲームは、ダークスが全体回復を使えないと厳しいです。


そして、武器系のスキル、
そもそも武器をどれにするかに関してですが、筆者のおすすめは[槍]です。

ただ、打撃スキルが揃うまでは剣でも良いです。

まず、剣で乱舞斬をMAXまで目指すと良いでしょう。
そして、ランクも上がってそこそこの装備がそろえられるようになり、
槍もしっかりしたのが揃えば、
打撃系の払いや振り回しをMAX目指していきます。

最初の内は、通常攻撃は上げず、
スキルが揃ってきたら、打撃のほうの基本攻撃をMAXにするといいでしょうか。
どの道、前提で10は取っていないといけませんし。

通常難易度では、他に必要なのはあまり無い感じです。

この、心得系のスキル、全体回復、武器スキルは
現状に応じて、必要なものから取っていって、最終的に全部仕上げるという風に
上げていっても構いません。



そこから、脇を固めるスキルとして取得しておきたいのが・・・

転移→指定転移→帰還
欲しいのは、指定転移と帰還のみですから、
通常の転移は前提の5でOKです。

それに、罠避けとかもあると良いかもしれません。
ただ、罠避けは一部の階層で使うだけですから、
回復魔法の回数とかがあればそれほどでもないですが。


一通りそろえたら、回復の上位を目指すと良いでしょう。

最終的には、特回復の全体版、
全特回復をMAXまで取得しておきたいところです。
(これは、エクストラダンジョンを突破するとかの話で、
ストーリーを普通にクリアする分には、そこまで必要ありません)


また、特回復を上げれば、
自動回復→回復の雨と取得できるのですが、
回復の雨は、使い方が特殊なので
単純に戦闘中に1回使うスキルとして取得してはいけません。

回復の雨は、移動中にも使えますので、
ちょっとしたダメージの回復。
全小回復の代用とかに使えるという点。

そして、もっとも重要な使い方が、移動中に重ねがけをしてボスに挑む、
という使い方です。
回復の雨は、かけたまま戦闘に突入すれば、
しばらく効果が持続します。
また、重ねがけをすれば、回復量がその分、増えます。
ですので、20発全部 重ねがけをして、ボスに突っ込めば、
しばらくは、自動回復で一気に回復しながら
戦闘を組み立てていくことができるというわけです。

ただ、これも最難関のエクストラダンジョンを突破するときに使うくらいで、
他のときに、そこまで使われることはないスキルです。

取得順は、よく考えて取得していきましょう。


後、余ったのは、
状態異常の復帰を早める、気合のスキル、
それに、武器扱いとか、そういった火力を底上げするもの、
萎縮とかのスキルも取ってもいいかもしれません。

一番 役に立たないのは、防御力アップ系。
焼け石に水です。
取るとしたら、防御力アップではなく、
1度だけ無効タイプの防壁防御系のスキルですね。
(もちろん、使うのは全体版です)
それも、強いボスだと、全特回復をダークスが繰り返すことになって、
使う暇が無いことが多いですが。
ただ、高難易度では、敵がミスしたり、範囲が狭い技を気まぐれで使ってくれるなど、
余裕が出来たときに使っておいても良いです。

他は、使うものがないなら
奇襲準備を上げたり、奇襲警戒の回数を少し確保しても良いでしょう。

変なものに手を出さなければ、ポイントは余りまくるゲームなので、
スタイルが確立したら、後は色々と取ることはできます。

同人ゲーム