BUNNYBLACK 攻略のコツ

普通のRPGとは考えず、やはりソフトハウスキャラのゲームなんだ、
と理解することが重要です。

●地道なことからコツコツと


序盤は金もなく、お金を使う事態になると追い込まれていってしまいます。
雇用したキャラがやられても再雇用すればいいだけですが、
序盤はその費用だけでも大変です。
それに、調子に乗ると普通に全滅(ゲームオーバー=タイトル画面へ)します。

序盤はリスクを背負うよりも、いかに失わないで済ませるか、
そこのほうが重要です。

RPGだから戦闘をしたいという気持ちはわかりますが、
まずは、こっちが脱落者を出さないで戦い抜けるだけの戦力を整えながら、
ダンジョンのランクを上げていきましょう。

一度終わらせた依頼を繰り返し受けても良いです。
むしろ、戦力が整うまでは簡単な依頼を繰り返したほうが無難です。
そこで急ぐと「何、このゲーム」となってしまいます。


●ダンジョン内で自分の位置が表示されないのだけど?


初期状態では、自分の位置はわかりません。
雇用する仲間の中に、自分の現在地を表示するスキルを持ったのがいますから、
それを加入させておかないといけません。

チャミなどがそのスキルを持っていますので、
このゲームは、そういった所持スキルの面でも
構成メンバーを考えていく必要があるという事です。

自分の位置を表示する以外にも、
階段や帰還扉の位置を最初から表示させる[看破]の技能。

罠が近づくを目の前に映るようにする[罠発見]など、
探索を便利にする技能を持ったモンスターもいます。


●敵の位置に関して


探索中、敵の位置は赤い丸や黄色い丸で表示されます。
探索していて、ミニマップに赤い丸などがチラついたら、それが敵です。
(黄色い丸は、兵士やボスなど、強めの敵の表示です)

基本的に、敵はこちらに向かって進んできますので、
戦うべきかどうかの判断をつけて、移動しましょう。


●敵は方向転換でも近づいてくる


他の3DダンジョンRPGだと、自分が動かない限り、相手も動かなかったりしますが、
このゲームは、大体、方向転換2回くらいでも、相手は1マス動いてきます。

このゲームは方向転換でも、時間経過の判定があるという事です。
(裏を返すと、暗闇の罠とかに引っかかったときも、
その場でグルグル回り続けると解除される
ということでもあります。)

逆にこの性質を利用して、ぶつかりやすい角度でぶつかるという方法もあります。
(このゲームは、側面や後ろからぶつかると、有利な状態で戦闘に突入しやすいです)


●ショートカットキーを使おう


戦闘中のコマンドは、右側の登録欄に登録しておくことで、
すぐに選択できるようになります。
スキルを選択して、敵を選択する前に、右側の登録欄のほうをクリックすればOK。

よく使うスキルは登録しておくと良いでしょう。


●奇襲対策


序盤はぶつかり方に気をつけていれば、それほど陣形は崩されませんが、
少し進んでくると、盗賊や忍者など敵は、正面からぶつかっても陣形が崩れます。

このゲームは、[前に出る]なんて都合のいいコマンドなどは無く、
前列のキャラが後ろに追いやられるとやることがありません。

そこで便利なのが、ダークス(主人公)が覚えることができる[奇襲警戒]です。
これがあれば隊列再生が使えますから、万が一のときに便利です。
1LVでいいから習得させておくと良いでしょう。


●解錠・鑑定に関して


3DダンジョンRPGの醍醐味と言えば、お宝とそこから手に入る装備・アイテムです。
このゲームも強い装備はお宝から手に入れることになります。

このゲームは宝箱を持ち帰ることができ、
ラキアの店で解錠を頼む場合は、お金が1000必要で、
鑑定は200必要です。

なんとか浮かせたいところ。
そこでダークスが覚えることができる、罠解除の出番です。
これを使えば、宝箱の解錠ができます。
ですが、このスキルを使った場合、自動的には解錠ではなく、
罠を見破って当てないといけません。

罠に関しては、調べたときのメッセージで予測は出ますけど、
レベルが低いうちは、そんなに当てになりません。
罠が発動すると、宝箱が失われたり、損害が発生するので、
基本的に、スキルを使う前にセーブしておきましょう。

そして、邪道な手になりますが、宝箱の罠は
取得した時点で決まっています。

つまり、ロードしても同じです。

なので、セーブして、罠の判断を間違えたとしても、
ロードし直したら別の罠にはならず、同じ罠ですから、
ロードし直したら、引っかかった罠を選択すれば解除できます。
邪道な手ですけど、ロードすれば絶対に解除できるということです。


鑑定に関してですが、これは費用がそこまで高くないし、取得のスキルポイントも高いので、
ラキアの店で鑑定したほうが良いです。

ちなみに、罠解除も鑑定も、
寝るだけで回数が回復しますから、取得は、基本的にLV1止めでいいです。

(鑑定はスキルポイントから言っても、取らなくて良いと思いますが)


●アイテムメンテナンス


鑑定されたアイテムの中には、壊れている品があります。
これはラキアの店でアイテムメンテナンスで修理しないと使い物にならないので
ラキアの店を活用するしかありません。


●依頼表示の変わるタイミングは?


依頼のパターンは、ラキアの店に入った瞬間に決まっています。
仕事を調べる前ではありません。
ラキアの店に入った時点でセーブすると、ロードしても
仕事の構成は変化しません。

そして、一度構成が決まると、
ダンジョンに入って帰還して、ラキアの店に入る前にセーブして
ロードを繰り返す。
もしくは、部屋に戻って寝ると構成が変わります。
(寝るときは、ダンジョンに行く必要はありません)

ラキアの店に入ってしまったら、
寝るかダンジョンに行かないとパターンが変わらない。

そして、ロードで切り替えたいときは、
ラキアの店に入る前の時点でセーブしておかないといけない。
ということです。
(寝るを繰り返せば、いくらでも変えられますが)









●格のステータスに関して


雇用時に表示されているモンスターごとの格の項目。
それの合計が、主人公のステータスの[格]の数値の分だけしか構成できません。

あまりに強いのを雇いまくっても、
格の合計値が主人公の格を上回れば配置できませんので、
調子に乗って、強いのばかりを雇用しすぎないように注意しましょう。


●メンバー構成はどういったのにすればいいの?



前列、中列、後列がありますが、
中列と後列は、そんなに差がありません。
中列と後列は、基本的に射撃と魔法攻撃でしか攻撃できないと考えておきましょう。

後列に持ってくるのは、もちろん魔法系のモンスター。
中列は射撃などが出来るタイプで良いでしょう。


[前列]
最序盤・・・アリトンなど
序盤・・・ ウォール
中盤以降・・・ズンバラ、タイフル

ズンバラは、育つまで事故でやられやすいですが、
育ってくると殲滅力がありがたく感じてきます。

ウォールが看破を持っていますが、アイテムで看破の効果があるものを手に入れたら、
他のメンバーに入れ替えても良いでしょう。

タイフルは、撃たれづよい上に、攻撃力もあるのですぐに投入しておきたいところです。

筆者は、ダークス(主人公)も前列に配置しているので、
タイフルとズンバラで、特に困ったことは無いです。

ロームスを前列に持っていっても良いのですが、[うるさい]です。
(近距離攻撃だと「ロッくんアターック」ばかり叫びますから)
あれに我慢できるのならロームスを前衛でもいいでしょう。
(ロームスは、中列に配置しても戦うことはできます)


[中列]
序盤・・・ブーブ、モエルモン
中盤以降・・トットリー、ドーラ

モエルモンは別に後列でも構いません。
最初は2発しか攻撃できないですが、LV5になれば普通に単体魔法を覚えますし、
それ以降も範囲の火の魔法を覚えていきますから、
火の魔法の専門家になります。
ただ、終盤だと遅さと打たれ弱さが少し厳しくなってくるかも。

ブーブは前列だとパッとしませんが、射撃持ちなので、序盤のほうでは遠距離要員になってくれます。
縦列防御アップもあるので、ズンバラなどの撃たれ弱い前列と組み合わせると良いでしょう。
(ドーラが登場すると、入れ替わりになると思いますが)

あなどれないのがトットリー。
射撃は高火力だし、察知を持っているので、
移動中、モンスターが表示される範囲が広くなるので、スキル面でも価値がある。

ドーラは、火が弱点なのが少し面倒ですが、
育ってくると射撃にしては高火力をたたき出してくれます。


中列はそこまで、鉄板のメンバーがいないので、
色々試してみましょう。
他には、魔鬼、サキュー、白ヘビ様などが候補でしょうか。

でも、
魔鬼は決定力に欠けるし、
サキューは中列だと、攻撃回数に不安があるし、
白ヘビ様は火力が低い。
レイリンは魔法を覚えるくせに物理が伸びてしまう。

チャミを1体増やすという手もありますが、
チャミは強すぎて、多くしすぎると面白くなくなっていくのが欠点。

ドーラかトットリーをもう一体のほうが無難かも。
ドーラは萎縮持ちだし、トットリーは高火力。
お好みのほうで。
スリーアイを1体追加してもいいですけど。


[後列]
序盤・・・フライングカーグ、チャミ×2(チャミ×2は最後まで通用します)
中盤以降・・・スリーアイ

後列は、チャミが有能過ぎます。
回避率が高いからほとんどダメージ喰らいませんし、回復と魔法攻撃ができますし、
格も3ですから、至れり尽くせりです。

ただ、さすがに3体投入だと属性とかに対応できませんし、
魔法攻撃の回数でもバテたりしますから、
スリーアイなどを加入させられるようになったら砲台キャラとして確保しておいたほうが良いでしょう。
(自信があるのなら、チャミを2体も雇わずに1体だけでも構いません
でも、チャミは速度が高いから最初に攻撃してくれるというのが大きいです)

ダークマジシャンは個人的には使いづらい感じがしますので
あまりおすすめはしません。


●ボスに勝てない


最初の山場となるボス戦は、急いで挑戦する必要はないです。
メンバーをじっくり育てていきましょう。

厳しい場合、頭数が足りているか考えましょう。
雑魚戦では中列はそれほど必要ないですが、ボス戦となると
1ターンにどれだけ攻撃できるかのこちらの手数が重要になります。

格が低いし、すぐに使わなくなるだろうからいいや、と思って、
中列を空けたままにしていませんか?
ブーブとかでいいですから、とりあえず、現状の格で詰め込めるだけで詰め込んで、
少し鍛えてきましょう。

とにかく、枠をきっちり埋められるようになると、このゲームは面白くなってきます。
そこまで格が成長してきてからが本番です。


●状態異常が強力


このゲーム、ボスにも結構、状態異常が効きます。
暗闇や麻痺などを狙ってみましょう。


序盤のボスは、ダークスのレベルが足りていないから習得は無理でしょうが、
特に暗闇や麻痺が強力です。
LV15以降に戦うボスは、これらを駆使すると良いでしょう。

何を取得していくと良いかに関しては、次の主人公育成に関しての記事で
詳しく解説しています。


●リザーバーを舐めてはいけない


戦闘に参加するのは9人ですが、配置時にさらに後ろの箇所に置くと、
控えとして配置できます。

この位置に配置しても、看破や罠発見などは効果がありますので、
格に余裕がある場合、探索を補助するスキルを持っているモンスターを
詰め込めるだけ詰め込むというのも手です。
(ブルーベトとかは、格1なので、スキル狙いでリザーバーに大量投入とかも効果的です)

ただ、戦場に空きがあると、出撃してしまいますので、
きっちり9体で埋められるようになってから活用し始めることになります。


●周回でのモンスター引継ぎに関して


最高で9体なのですが、エクストラダンジョンなどまでクリアしないといけませんから、
1周目でそこまでやると楽しみが後に何も無くなりますし、
それを除外すると5体くらいしか引き継げないパターンになることが多いです。

考えないといけないのは、強いモンスターに引っ張ってもらえば、
1から鍛え直しても、すぐに追いつくという点ですね。
例えば、チャミとかは序盤から速攻で雇えるわけですから、
引き継がなくても、他に強いの引き継いで、そっちに敵殲滅を任せていれば、
勝手にレベルも上がっていきます。

そこを考えると、タイフルなどの要になって強いキャラを優先的に引き継ぐ、
というよりも、引き継がなくて良いモンスターを消していったほうが早いかもしれません。


ただ、個人的な意見を言わせてもらいますと、
このゲーム、引継ぎしてもそんなに面白くないです。

別に引継ぎを駆使せず、普通にプレイしなおしたほうがいい気がします。
そこから言っても、1周目にそんなにやり尽くさずに、
エンディングまで流していって、2周目にガチガチの引き継ぎとかせずに、
もう1回、今度は隅々のイベントを見ていくつもりで、1からやりなおしくらいでやっていったほうが、
2周目も楽しめるかもしれません。

せめて、モンスターを引き継ぎとかでなく、
ポイント制で特典を選択できるとかなら、また違ったのかもしれませんが・・・
(500ポイントでスキルポイント+20でスタートとか、
500ポイントで格+20でスタートとか、そういった形式のことです)

モンスターだけ引き継げても、格はちょこっとだけ高い状態で
スタートなだけだから、格の高いモンスターを揃えるとかはできないですし、
敵を強い状態で新しく周を開始しても、
レベルカンストに近いモンスターを連れていれば相殺されるだけですし、
今作の弱点はモンスターを揃えていく楽しみが薄いという点ですね。

同人ゲーム