巣作りドラゴン 三段階目モード攻略

一番上級者向けのモード。
完全にネタバレだらけになっていますのでご注意ください。

リュミスモードでの変化


・ゲーム期間が3年(48×3=144ターン)に
・結婚ですぐにリュミスを選んでもバッドエンドにならない
(25ターン目限定、この時だけ引き継ぎ数もペナルティなし、26ターン目以降は普通にバッドエンド)
・細かい幕間イベントが追加され、物語の裏側が見えてくる
・一部のレアモンスター(資金の下三桁が連番時に出現)が、財力1100以上のときに購入可能に


残りのエンディング


[ユメEND別バージョン]
リュミスモードでユメENDにたどり着くと、
展開が少し違っています。

[ハーレムEND1]
1周のうちに、ユメ、フェイ、ルクルのEND条件を3つとも全て満たす。


[リュミスEND1]
ブラッドモード時と同じ。
財力5000、H25、豪華度40でリュミスと結婚。

ドゥエルナを捕獲済みで、マイトが生存しているなら、
マイトから事の真相の説明される部分が導入されます。


[リュミスEND2]
財力10000、H50、豪華度80、
つまり、ブラッドモードのリュミスENDの要求値の2倍です。
でも、意外と簡単かも。

このエンドでもドゥエルナ関連に決着がついていれば、
マイトの説明が挿入されます。
マイトの説明部分の内容は、リュミスEND1でも2でも同じものです。

[マイトEND]
マイトがドゥエルナ関連のイベントで死んでいない状態で、
財力5000、H25、豪華度80で、結婚の[誰も選ばない]を選択
当然、マイトが死んでしまうと見ることは出来ない。
リュミスEND1に豪華度が80に変わっているだけです。


[クーEND]
50000以上、部下雇用や巣作りで金を使う。

※クーENDの条件を満たしているときに、
ついでにユメと16回以上会話してから休憩で見れるイベントを見ると、
回想を一つ埋めることが出来ます。
(ルクルを捕まえて、ある程度会話を進めておかないと、完全には埋まりません)
ちなみに、回想とは関係ありませんが、もう一回休憩を取るとまた少し違ったイベントが見れます。
でもこれは、さすがにハーレムEND2を目指しているときには難しいかも。

こちらの戦力が整ってきて、終盤の戦闘でも周回に逃げる必要がなくなってくれば、
クーENDの条件を満たすのも苦ではなくなってきますので、
一度に何から何まで、こなそうとする必要はないです。

[メイドEND]
H練習40回。
当然、40ターン使うだけの覚悟が必要。

[ハーレムEND2]
1周のうちに、クーENDとメイドENDの条件を両方とも満たす。


[ドゥエルナEND]

ドゥエルナを捕獲すれば、次のターンからすぐに見ることが可能です。
要は、ドゥエルナを捕まえきるかどうかです。

それで、ドゥエルナの対策法ですが、
一番簡単なのは、ブラッドモードでも説明しましたが、
不死身+乾坤一擲をつけたベトを使う方法です。

不死身+乾坤一擲をつけたベトを
正面の一番手前に配置し、ドゥエルナに攻撃させて道連れにしてしまえば、
それで瞬殺できます。

当然、ドゥエルナと交戦できるかどうかは運が絡んでくるので
確実ではありません。
そういった場合はデータロードしましょう。
(それがなくても、正面に強いのを配置できるくらい
モンスターが育っていれば、実力で倒してくれますので、
慣れたら自爆ベトに頼らずに力でぶん殴って倒せるようになります)


ドゥエルナがすぐに沈んでくれたら、
後は、他の敵を殲滅しきれるかどうかです。

ベトがいなくなったら、正面に枠が空いてしまうので、
この戦法を使うときは、迎撃にしたモンスターを配置数より一つ多くして、
出撃順を一番最後にしておけば、ベトが抜けたらそこに補充されます。

※例
正面二体が[迎撃]で一番目に出撃、上と下が[迎撃]で二番目に出撃。
他の位置も全て出撃で配置されているところに、
さらに余っている一体が、[迎撃]で三番目に設定されていて、
あふれている状態だと、正面のベトがやられたときに、
交代でそこに補充という形で入ってくれます。

だから、配置できる場所が余っているとそっちに配置されてしまいますから、
ドゥエルナ狙いのときは、あらかじめ巣作りで、
ある程度、配置場所を少なくして罠のほうに切り替え、
あふれさせて補充できるようにしてもいいでしょう。

手前で全部潰せるように、上・中・下にしっかり強いの配置、
このときだけは、巣の構造を右上と右下を罠に変えて、
入り口の後ろ(中央左)を[絞り迎撃]にして、
手前で全部潰す気で集中させたほうがいいかもしれません。

(こちらが強いのが多いのなら、右上と右下も配置場所にしても構いません)

殲滅に関しては、こちらのモンスターが育っているかどうかです。
強打や狂戦士型、必殺型、魔法やブレス型、それぞれが仕上がっているかどうか、
それにかかっています。


もし、自爆ベトとかを作るほうが逆に面倒というのなら、
下で説明しているやりこみの効率化のほうで鍛えていき、
正攻法で殲滅するといいでしょう。

どうせやりこんだら、息を吐くように瞬殺していくようになります。


ドゥエルナを捕獲してしまえば、後はゲーム続行への障害は少ないですから、
じっくりモンスターを鍛え上げたり、リュミスEND2やクーENDを目指して、
稼ぎまくってもいいです。
どうせ、結婚コマンドでもいつでも見れますし、タイムオーバーでも選択できますから。
敵が強くなってやりづらくなったタイミングで結婚を選べばいいでしょう。

このエンドを見て、話が全部見えてきたら、
おまけの[おまけシナリオ]も読んでみましょう。



やりこみに向けて


高ランクの敵を倒していくには、こちらも強くなければいけません。
ただ、でたらめに鍛えていては戦力にまとまりが生まれません。

まず、今までの戦力を見つめ直し、新たに欲しい戦力、
配置的に入れ替えたい部分を考え直しましょう。

そして、必要なモンスターを鍛えていくには、
2体ずつに絞って鍛えていくことをオススメします。


2体に絞ったら、巣作りで入り口を[待機]に作り変えます。
(通常は、分岐とかにしていると思います)
分岐の場合は、正面に行くか、上下に行くか、分かれていましたが、
入り口を待機にすることで、必ず正面の部隊と交戦してから、
他のところへ進むようになります。

鍛えたい2体をここに配置することで、ピンポイントに鍛えていきます。
(配置するには、[迎撃]で出撃順を一番目にすればいいです)

そして、中央左(入り口の右)は、蜘蛛の口か肥満蜘蛛にして
中央に集結しやすいようにする。
この中央には、火力が高く、かつ事故が置きにくいエースを配置して、
ここでほとんど片付けるつもりでいましょう。
(上下が出撃順が二番目、三番目になるので、中央は四番目になります。
四番目に2体くらいエースを持ってくるようにしましょう)

このとき、二、三、四番目のところに配置するモンスターは、
スキル習得の吟味の必要のないモンスターを持ってくることをオススメします。
この位置でも経験値が入ってレベルが上がることがありますので、
スキル習得を狙わないといけないモンスターだと、正面で集中的に鍛えているほうに注意がいって、
スキル習得を見落としたりしてしまうからです。

だから、二、三、四の位置には、スキルが完成していて、後は適当にレベルを上げていくだけ、
といったある程度完成されているモンスターを配置しましょう。
(別に最初の内は、最終メンバー予定のモンスターではなく、
スキル構成も大雑把で、その内入れ替え予定のモンスターでもいいです。
とにかく、入り口の二体を周を重ねて仕上げていき、出来上がったら、
順序、理想の配置に入れ替えていき、役割を終えたモンスターを解雇していけばいいわけですから)

それと、当然、竜の間の手前とかも、それなりのモンスターを配置しておかないと
突破されてしまいますから注意。

二人同時に新人を鍛えると、スキルの調整が重複して涙目になったりしますので、
片方はスキル狙い、片方はステータスをあげるだけのキャラで、
二人ずつずらしながら鍛えていくと、やりやすいです。

また、スキルを習得したときは、HPが1だけ上がっているパターンが多いので、
戦闘結果の左下の[モンスター隊詳細]で見たときに
HPのみ上がっているときは、特に名前にカーソルを合わせてスキルを何か習得していないか確認しましょう。
(成長パターンはHPが2のみ、HP1と攻撃1、HP1と防御1、HP1とスキルがあるようです。
まれにHP4とか上がったり、HP・攻撃・防御が全部上がるパターンとかもありますが)



[必殺無効や不死身の重要性]

・必殺無効
高ランクの敵になってくると、火力が高くて、防御も高くて、その上必殺も飛んでくる、
という状況になってきます。

どれだけステータスが高かろうと、必殺無効を持っていないキャラが殴り合いをしていると、
必殺を発動されると即死です。
強い敵になると打ち合う回数も多いですから、それだけ即死で台無しにされることも多いわけです。

というわけですから、強敵と渡り合っていくとなると、
入り口近くのメンバーは、必殺無効がついていないと、やってられません。


ただ、必殺無効がついていればそれでいいのかというと、
さらにそこから配置に対しての適正を考えないといけません。

例えば、上で説明した経験値稼ぎの構造と似たような巣の構造で戦う場合、
正面入ってすぐのところは交戦回数が非常に多いです。
そういった場合、火力が高くても、攻撃が外れれば
敵と撃ち合う回数も多くなり、HPのほうが持ちません、
こういった場合は、必殺無効を持っている中でも生存能力に長けたモンスターを
配置する必要があります。

忍・ザ・ゴールドみたいに熟練者を持っていて、
回避率によって攻撃を受ける回数も少なかったり、
ゴウンやファットデビルみたいに、防御に長けていたり、回復能力を持っていたりなど、
生き残ることに関しても優れているモンスターじゃないと、
入り口の激戦には耐えられません。

そして、上の例でいう、四番目の位置には、
これまで消耗したモンスターを一通りしとめていくために、
漆黒騎士みたいなエース級のキャラを配置したりしたほうがいいでしょう。


・不死身
不死身のほうに関してですが、不死身は、やられてしまっても消滅しないだけで、必殺は喰らいます。
必殺を喰らっても墓のマークにはならずに、逃げ出して消滅はしないだけ。
戦場からはいなくなってしまいます。

それを考えると、必殺無効みたいに即死ダメージは防げるわけではない、
そこを忘れてはいけません。

ただ、不死身は殴り合いで倒れたときも逃げ出して消滅しませんし、
HP面での事故でも死ぬことがないのは強みです。


不死身を持っている中で強いのは、
スキル枠とは別に不死身がついているフェイとか、
火力の面とかに関しては二回攻撃と不死身をつけたホーンちゃんとかも強いですね。

ただ、必殺が発動されると、即退却なので、
ホーンちゃんとかは、
打ち合い回数が多いところに配置するのは、やめておいたほうがいいでしょう。
レベル上げのときは前方でもいいですが、
最終的には不死身とかだけのキャラは中衛に落ち着くと思います。

フェイだけは色々と付けられるので、四番目のエース位置とかでも構いませんが。


・必殺無効と不死身を持っていないモンスターは存在意義が無いのか?

この2つのスキルが有効なので、それがないモンスターは
配置される場所が限定されます。

これらのモンスターは、必殺無効がなくて、不死身もなければ、
必殺喰らえばそれで死亡なので、
必殺を浴びる機会をどれだけ減らしていくかという
スキル構成と配置場所が重要になります。

スキル面では、熟練者や猛者、賢者などの回避を支えるスキル。
これで避けている間に、強打や二回攻撃、ブレスなど、
火力をあげるスキルを持ってきて、避けている間に一気に倒してしまう。
そういった運用なら、そんなに死ぬことはないです。

そして、火力で倒してしまえるように、
やっぱり配置場所に関しては後方になります。

スキルと配置を考えていて、
その位置には、何体かは、必殺無効、不死身がないモンスターでも配置できるでしょう。

AやSランクが相手でも、
入り口やエース位置などにしっかりしたモンスターを配置すれば、
後は、手前の上下とかでも、体感的にはそんなにやられることはないように感じます。
(回避や二回攻撃・狂戦士・必殺など、撃ち合う回数に工夫したりの必要ですが)


★クリア評価SSSへの道


クリアランクSSSを取るには、
・すべてのエンディングフラグを出現させる。
(全キャラのエンディングを同時攻略なので、
メイドENDのH練習40回、それに3人のヒロインのエンディングまでの会話を満たすので、
二年はこれで吹き飛びます。
さらにクーENDの条件のお金の使う必要がありますから、
巣作りの実行回数も余り無駄には出来ず、使えるときに一気に使う必要があります)

・セーブ時に表示されるデータ、恐怖度、捕虜数、豪華度などは、
高めになるようにしておく。
(捕虜は上下にマックス配置した2500人 満タンまで入っていないといけません)

これで見れるはずです。
流れとしてタイムオーバーぎりぎりくらいまで戦い抜く気でいましょう。

それで終盤のSランク襲来の嵐をどうしのぐかですが、
実は、入り口を待機にして、上と下は客の悲劇、
中央左を肥満蜘蛛にして、
入り口と肥満蜘蛛のところに火力がしっかりした必殺無効を配置しておけば、
大抵なんとかなります。

上下は必殺タイプのモンスターとかのほうがいいでしょうか。


ぶっちゃけていうと、入り口と肥満蜘蛛の位置に
必殺無効を覚えた漆黒騎士とかを置き、
上下に隊列・必殺斬り・必殺無効の構成の、竜親衛隊とか暗黒騎士を置けば
ほぼ手前で殲滅できます。

ですから、後ろはそこまで必死に必殺無効や不死身をつけなくても、
結構なんとかなってくれます。

巣の構造は、
入り口=待機(迎撃・出撃順一番目 2人)
左上=客の悲劇(迎撃・出撃順二・三番目 2人)
左下=客の悲劇(迎撃・出撃順二・三番目 2人)

中央左=肥満蜘蛛(迎撃・出撃順四番目 2人)
中央上=偽宝箱(守備・出撃順二・三番目 2人)
中央下=偽宝箱(守備・出撃順二・三番目 2人)

中央右=罠地獄
右上=捕虜部屋・完
右下=捕虜部屋・完

竜の間・真の部屋手前部分(守備・出撃順一番目 2人)
竜の間(竜の間・出撃順適当)

とかがいいでしょう。

無理に15隊(フェイを入れて16)全部仕上げておく必要もありませんし、ブラッドも出撃させる必要は無いです。
筆者の場合、フェイを入れて11隊でSSSを取れましたし。
(筆者がやったときは、終盤まで捕虜部屋を一つ増やさず休憩部屋にして、
中央上と中央下を罠部屋にして、中央右を待機部屋にして1人だけ配置、
竜の間手前に2人、竜の間にも誰も配置していませんでした。という方法でやっていました。
捕虜に関しては、他の条件を全て片付けてから捕虜部屋を増やし、満員になったら結婚式でOKでした。

ただ、待機部屋の数が少ないと突破されて、
捕虜が解放されてマイナスになることが多いので、
人数が揃っているなら、この方法よりも上で説明している配置のほうがいいでしょう)

同人ゲーム