巣作りドラゴン 作品紹介

巣作りドラゴン
雄の竜より、雌の竜のほうが圧倒的に戦闘能力が上
という世界設定の中、
怖い雌ドラゴンの婚約者(ヒロイン:リュミスベルン)に殺されないために、
必死に、巣を豪華にしていくために金を稼ぎ、
さらに巣に貯め込んだ金を守りきる戦力を配置して
冒険者の侵入を迎撃していくSLGです。

主人公は竜なので、オープンスペースの戦いでは戦闘力が高く、
その力を見せ付けつけることによって、街からの貢物を得ます。
(これが経営資金になります)

ただ、人間達もやられっぱなしではないので、
冒険者を雇って、巣に反撃してきます。

ところが、主人公自身が巣で戦ってしまうと、巣が壊れてしまうため、
巣の防衛には、一般モンスターを雇う必要があります。

一般モンスターの防衛ラインが突破されて、宝部屋にたどり着かれると
資金を失ってしまい、金が完全になくなるとゲームオーバーになります。
(それに、やられたモンスターは復活せず、
雇い直しになるので、やられていると経済的にどんどん追い詰められます)

来襲してくる冒険者の強さは、
街破壊の規模に比例しますので、その加減が重要になり、
それを繰り返しながら、巣に配置されているモンスターや罠を増やしていき、
各ヒロインともイチャイチャしつつ、周回で能力を引き継いで
高難易度のエンドも目指していく作品です。

(ゲーム部分は、2:00あたりからです)

ゲーム部分は、
ターンごとに[部下召喚]、[巣作り]、[街攻撃]などを選択して進行します。

街攻撃で金を得ることができますが、ターン後に冒険者が巣へ侵入してきます。
その冒険者を迎撃できないと、せっかく手に入れた金を失ってしまいます。

しかもモンスターは、不死身スキルがないとやられた時点で消滅、
最初に雇うのにお金も必要ですから、モンスターを失うと雇い直しになって
そこでもまたお金が必要。

自分の戦力に見合った規模の都市への攻撃、
そして、高ランクでも迎撃できるようにモンスターを揃えていくことが鍵になるゲームです。


やりこみ要素の中でも特に奥が深いのが、モンスターがレベルアップしていくという点です。
さらにモンスターはレベルアップ時にスキルを習得することがあり、
この覚えるスキルは候補の中からランダムです。

そして、一度覚えてしまったらスキルの変更は出来ません。
欲しくないものを覚えてしまってセーブしたら、また別の雇って
育て直したりなどになります。
(そのために、こだわるなら欲しいスキルが出るまで、
データロードなどを繰り返すことになったりもします。
こだわるなら、ですね)

ただ、先ほども触れましたが、やられたモンスターは
不死身のスキルがついていない場合、やられた時点で即消滅。

どれだけ鍛えていようと抹消されてしまいます。

このシビアな仕様をかいくぐって、大事にモンスターを育てていって好みの軍団を作り、
より強力な冒険者を迎撃できるようになっていくことを目指していくわけです。
(この部分を突き詰めると、本当に時間泥棒になってきて、
リアルで1週間、2週間と時間が飛んでいきます。
さすが、ダウンロード版が出るまでは、
2万円前後のプレミア価格で中古がやり取りされていただけはある、と うなずける作品です)


それと、当然エロゲですからエロ系のフラグも立てていかないといけません。
会話を重ね、Hも回数こなし、結婚コマンドを選べば、エンディングを迎えます。

そうやって自分を鍛えながら、強力なイベント敵も撃退し、
好感度も上げて、より高ランクのエンディングを目指していくゲームです。


また、システム的に周回を繰り返して、段々と周の内容が拡大していくゲームですが、
ストーリーもゲームシステムと噛み合っており、ちゃんと後のほうのエンディングにたどり着いて、
最初のほうのエンディングを振り返ってみると
「ああ」と、ポンと手を打つような内容になっています。
やりこみのほうに目が行きがちですが、終盤まで進めてストーリーも見つめ直してみると、
ストーリーもしっかり作られていることがわかる作品です。



企画
システムデザイン
シナリオ
演出
内藤騎之介
原画佐々木珠流
音楽制作CANDYPOP、Angel Note
プログラムJORI

キャスト(声優)
ユメ大波 こなみ
フェイ渋谷 ひめ
ルクル西田 こむぎ
クー春野 さつき(松永 雪希)
リュミスベルン羽賀 ゆい(青山 ゆかり)
マイト一条 光
メイド春日 アン

同人ゲーム