BUNNYBLACK 作品紹介

BUNNYBLACK
魔王フォーゼロッテ(女性)に返り討ちにあった冒険者ダークスが、
魔王のしもべとして、モンスターとパーティーを組んで
魔王サイドの依頼を迷宮でこなして、
階級をあげていくうちにストーリーも進んでいく作品です。

ソフトハウスキャラにしては珍しくRPGになります。
ですが、形式は
いつものソフトハウスキャラのやり方(SLG)の応用です。
やっぱり、巣作りドラゴンとかをプレイしていると、
入っていきやすいでしょう。

主人公は、元々 女に節操がない人物ですが、
魔王に蘇生させられたときの影響で、
定期的に女性を抱かないといけない体質に。
ところが、元々女好きなので大差なく、それがエロにつながっています。

» 続きを読む

BUNNYBLACK 攻略のコツ

普通のRPGとは考えず、やはりソフトハウスキャラのゲームなんだ、
と理解することが重要です。

» 続きを読む

BUNNYBLACK 主人公育成

主人公育成に関してですが、仕様を理解していないと
どう成長させて良いか分からないと思いますので
仕様などの解説も全てこのページでしています。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ

各ダンジョンのマップ及び解説です。
マップを掲載しているので、初見から頼ってしまうと
楽しみが損なわれてしまう可能性があるので、ご注意ください。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 嵐の塔

一番 敵が弱いダンジョン。
1~12Fは、見回り(×印を調べてくる)依頼はありません。

最初の内は、掃除を繰り返すだけで功績を稼ぐことができますが、
ストーリーが進行して、兵士(マップ上で黄色で表示される敵)がうろつくようになると、
逆にこちらが瞬殺されるようになり、危険です。
もう、そうなったら素直に銅魔の穴のほうの依頼をこなしていくようにしましょう。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 銅魔の穴

ここから本格的に敵との戦闘や探索をおこなうことになるのですが、
序盤にしてはきつい構造が多いです。

1階層の大きさは16×16なので、階層ごとに広さが違ったりなどはありませんから、
マップの広さはそれを想定して考えていくと良いでしょう。

10F以降から9枠埋まった上に増援ありなくらい、
敵の構成が多くなりますので、10階以降は
今までの感覚と思って依頼を受けると、痛い目を見ます。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 魔窟園

敵のランクが上がっているので、調子に乗って引き受けていると
速攻で壊滅させられる可能性もあります。
銅魔の穴が楽勝になってから来ましょう。

階層の広さは、銅魔の穴から少し小さくなって
15×15になっています。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 禍根の地下迷宮

再び16×16のマップ構成です。

外周の一番外からスタートして、
段々内側の四角形へ向かって進入していくような構図が多いです。

敵に忍者が多い場合、バックアタックを喰らうことが多い。
ブルーベトを多めにリザーバーに入れておきたいところ。

別に急いで来ないといけないところではないですし、
(というか、急いで来た方がイベントがガンガン進みやすい)
戦力が整っていないなら、他のところをじっくり片付けてから
依頼を引き受けていくと良いでしょう。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 炎山洞

マップは20×20と広大ですが、3階層だけ。
広いので、指定転移や帰還のスキルがないと、帰りが大変です。
ストーリークリアには全く関係ないので来る必要はありません。

このダンジョンは、黄色い表示の敵が、単体の大型ボスなので、
黄色の敵にぶつかる場合は注意しましょう。

また、独自の特徴として、シュシュや炎の精霊を連れていないと、
移動ごとにダメージを受けます。
(リザーバーに配置してもOK)

但し、シュシュや火の精霊を連れていても、
罠のダメージは喰らうので、罠避けを持っているなら要所で使っておくといいでしょう。
(スキルポイントがもったいなく感じるなら、
全体回復を多めに取得して、回復で補ったほうがいいかもしれませんが)

罠は酷いし、リザーバーに追加するので格は圧迫されますし、
帰りのために転移系のスキルも取っておきたいとなったら、
やっぱり、無理に早いうちに来ずに、レベル50や60とかになって、スキルや格が揃ってから
挑戦したほうが良いでしょう。

» 続きを読む

BUNNYBLACK ダンジョンデータ 氷林窟

ここの移動床は、他のダンジョンの移動床と違って
移動する方向が固定ではなく、
進入した方向からまっすぐ進み続けるようになっています。
※2DダンジョンRPGの滑る床を思い浮かべればしっくりくると思います。
(他のダンジョンの移動床は、移動する方向が決まっています)

氷の精霊を連れていれば(リザーバーに配置でも可)、
この滑る床を無効化して普通に歩いて移動できます
が、
場所さえ知っていれば、無くてもやっていけますので
炎山洞ほど、必須というわけではありません。
(ちなみに、氷の精霊は、このダンジョンの滑る床しか無効に出来ません。
他のダンジョンの移動床は、連れていても普通に流されていきます)

なので、連れて行かなくてもなんとかしようと思えばできるので、
格の面で負担が少ない分、
探索しようと思えば炎山洞よりは早めに挑戦できる場所です。

ただ、敵の縦列攻撃が飛びまくってくるので、
殲滅が追いつかないとダメージをどんどんもらってしまいます。
普通に戦闘で勝てるだけの強さは必要ですので注意。

その代わり、ちゃんと戦えるようになってくると、
一度の探索が長めになるので、自然とスリルを味わいながら
階層から帰還するときにはレベルもかなり上がっていることが多く、
充実感を得られやすいダンジョンでもあります。

ちなみに、ここも黄色シンボルは、大型の単体ボスです。

» 続きを読む

同人ゲーム